月替わりエッセイ、復活!

  以前からぼちぼち更新されていた月替わりエッセイが、202 [続きはこちら]

コメントなし

旅先で蛇口をひねってみたら、その土地の味がした—月替わりエッセイ第10弾

  水は場所によって味が違う、と人は言う。北海道の水を飲んだ [続きはこちら]

コメントなし

アイルランドにはあたたかい風が吹く—月替わりエッセイ第9弾

  ランドマークの “spire” のほど近く。 メインスト [続きはこちら]

コメントなし

「おやつ」 ー2018年10・11月月替わりエッセイ「食べる」第1弾ー

  人々は、ものを食う。 それはこの世界の誰もが持つ共有事項 [続きはこちら]

コメントなし

雨に紛れて泣いてしまおう−2018年6月月替りエッセイ「雨」ー

多くの人にとって、梅雨は心が沈むもの。駅に向かう足取りも重い。 &nb [続きはこちら]

コメントなし

旅の始まりとは、いったいいつのことをいうのだろうかー4・5月月替わりエッセイ第一弾

  旅の始まりとは、いったい何時のことを言うのだろうか。 & [続きはこちら]

コメントなし

海と故郷と鷗

 海と故郷と鷗    「あなたの出身地はどこですか?」-こう [続きはこちら]

コメントなし

わたしはあまり、海が好きではない。 7月の海を眺めると、涙がでるから。

わたしはあまり、海が好きではない。 7月の海を眺めると、涙がでるから。 [続きはこちら]

コメントなし

ブエノスアイレスはあまい香りがする。 とりわけ、雨が降った日には。 – 月替りエッセイ、第三弾。

昨日までじりじりと照りつけていた太陽は、重たい灰色の雲にすっかり場所 [続きはこちら]

コメントなし

突然、ざざあっと激しい音を竹の屋根が鳴らし始めた − 月替りエッセイ第二弾、「雨宿り」。

どっどど どどうど どどうど どどう   宮沢賢治の世界では [続きはこちら]

コメントなし

雨の日には、窓を大きく開ける。初めて南米に行ったときもそうだった− 月替りエッセイ、第一弾。

  雨の日には、窓を大きく開ける。 薄暗い室内に、湿った外気 [続きはこちら]

コメントなし