【ショートビジット特集】ートルコ編ー夏休みを使ってトルコに短期留学!

こんにちは、ひそかに4月から3代目編集長になったインドネシア語科2年のシロトリです。

このシリーズでは、外大生の皆さんに教えていただいたショートビジットのあれこれを紹介します。これからショートビジットに行く方、行こうかなと考えている方、受験生の皆さん、旅行の予定がある皆さんに参考にしていただけるかと思います!

まず、外大生以外の方のためにも

ショートビジットとは・・・夏学期と冬学期に実施される外大協定校への短期留学のこと。期間やプログラムは学校によってマチマチ です

さて、第1回目の今回はトルコ語科2年生の佐々木さんにご協力いただきました!

◉参加校名・コース名は?
アンカラ大学 1Month Turkish Course (20 hours per week)

◉期間はいつからいつまでですか?
1年生夏休み 7月末〜8月いっぱいです。

◉気候はどんな感じでしたか?
気温は40度超えたりするけど、空気がカラッとしているので夜は少し肌寒かったです。昼間は日陰にいれば涼しかったです。

◉授業内容は?
初日にテストを受けて、クラス分けがありました。テストが難しくて私たちの1年時のレベルだと1/5くらいしか解けなかったです。外大から行った人も結構バラバラのクラスになりました。
授業は主に文法と会話です。教科書は現地購入で、2冊買いました。書き込み式の文法書と日本で使う英語の教科書みたいなのを買いました。どっちもトルコ語で書かれています。
先生によって違うのですが、私の受けていた先生は少し問題を解いたらそのあとはひたすらトルコ語を話していました。課題は本当にクラスによって量がバラバラで、私たちは楽でした。他のクラスの人は1日2時間くらいやっても終わらない人もいました。これは運です!

◉授業時間は?
一日4コマでした。午前9時くらい〜午後13時くらいまで
ご飯も食べずに、5分程度くらいの休憩を挟んで授業が続きました・・・。
その代わり、午後はずっと暇です!

◉授業には日本人は多いですか?
外大から行ったのは13人でしたが授業をやるクラスごとに日本人率はバラバラでした。
クラスによっては2〜3人だけ日本人のクラスもあれば、わたしの入ったクラスは10人のクラスで6人程度が日本人でした。(日本人は外大生だけでした)

◉学校の雰囲気はどんな感じですか?
トメルというアンカラ大学付属の語学学校です。
学校の近くはかなり色々なお店がありました。日本の渋谷みたいな感じ!服屋さんもいっぱいあるし、本当になんでもありました。授業終わった後も学校の近くにご飯を食べに行きました。

◉宿泊地はどんなところでしたか?
ホームステイでした。学校からバスで20分、バス停から家までが歩いて10分くらいの少し遠めのところに宿泊しました。一緒に行った子たちはみんなホームステイで徒歩で通っている子もいました。(毎年、このコースはホームステイという指定があるみたいです。)ショートビジットの直前に各自泊まる場所の住所が送られてくるけど、住所見てもよく分からなかったです(笑)。でも空港に着いてからそれぞれのホームステイ先まで送迎してもらったので無事たどり着けました。ホームステイ先のおうちの方は、日本語は全くできなくて娘さん達は英語ができました。その分トルコ語で話す力は少し上がったかなと思います。

◉留学中の週末の過ごし方は?
トルコは物価が安いので、毎週末泊まりで出かけていました。Cappadocia(カッパドキア)とPamukkale(パムッカレ)に行きました。ここは世界遺産なので王道の観光地です。他にはほとんどトルコ人しかこないアマスラという地元の観光地のようなところに行きました。街中と雰囲気が違って楽しかったです。日本人がほとんど来ないからか、写真を取ってくれとたくさん頼まれました。

  • カッパドキア

▲写真提供 佐々木さん

◉準備はいつ頃から始めましたか?
直前の1、2週間くらいで準備しました。

◉費用はどのくらいかかりましたか?
30万円いかないくらいです。

◉参加してよかったことを教えてください。
トルコをとても好きになれました!トルコの人みんななぜか日本人が好きみたいで、どこでも歓迎してくれたので楽しかったです。

◉困ったことはありましたか?
家の周りに野良犬がたくさんいたことです。基本的には襲ったりしてこないけれど、一回野良犬が襲ってきたことがあってちょっとトラウマになりました(笑)

◉その他お役立ち情報!
治安は良かったです。落としたお財布がちゃんと戻ってきてびっくりしました!
バスがとても発達していてどこから乗るか分かりづらかったです。基本は日本円で約90円くらいだったのですが「学生です」って自己申告したら半額になりました。

トルコの人たちはとても優しいので、困ったら話しかけてみればきっと助けてくれます。最初は難しいかもしれないけれど、話しかけてみてください!

 

佐々木さん、ありがとうございました。お話を聞いているだけでもとっても楽しそうでした!これからショートビジットに行かれる方は是非ご参考に。

ショートビジットについての取材に協力してくださる方を募集しております。
Twitter:@TUFS_travelers    ご興味がありましたらこちらまでご連絡ください!

About Natsu Shirotori 6 Articles
密かに3代目編集長をやっております。音楽と雑誌と1人旅が好きです。旅も文章も思い付きで急発進…