【TUFSショートビジット特集】ーインド編ー短期留学中の少人数授業の効果は・・?

今回はウルドゥー語編!ウルドゥー語科の萩田さんにご協力いただきました。ウルドゥー語はパキスタンとインドで使用される言語です。この萩田さんの留学先ではヒンドゥー語のコースもあるようなので、ヒンドゥー語の学習で留学する方もぜひご参考に!それでは、どうぞ・・・

 

◉参加校名・コース名は?
ザバーン・ランゲー ジ・インスティテュー ト Zabaan Language Institute
ウルドゥー語集中 コース

◉期間はいつからいつまでですか?
冬学期2月後半から3月後半までの三週間のプログラム

◉気候はどんな感じでしたか?
日本の春くらい。平均25度くらいで、長袖もあったほうが良いけどちょうどよかった。
三月後半は暑かった!最終的には37度くらいまいで!朝は少し肌寒い。

◉授業の様子は?
授業の使用言語は英語で、内容はウルドゥー語。使う教材は文法と読解の教科書を留学先で準備してもらったよ。でもほとんどウルドゥー語で書かれてたから、辞書は必須。外大から行く人は少なめだった。でも先輩とかも入れてウルドゥー語科からは合計4人、ヒンディー語科からはもう4人くらいいたかな。日本人は外大生だけで、ほかの国からの留学生がヒンディー語とか習いに来ていたけど、ほとんど大人で仕事用とかの人が多かったかな。
授業の効果はすごくあった。少人数の授業でわたしは2人だけで授業受けてて、だから結構ビシバシ教えてもらった。先生は3人いて1人の先生は英語も使ってくれたけどほかの2人の先生はウルドゥー語で質問をたくさんしてくるから、すごく鍛えられた。

◉授業時間は?
コマ割りは学校指定で、日によってバラバラだった。始まりが早い日は9時15分くらいに授業が始まって、午前に90分の授業が2コマ、あって12時半くらいに授業が終わって、昼ごはん食べて13時20分くらいからもう1コマくらい授業がある。遅く始まる日は10時半くらいから始まって90分授業して、午後に90分、60分と授業して終わりが16時半。本当に始まりが遅い日は午後から授業で終わりが18時とかもあった。小さい学校だから結構変動したけど、授業がある日は遊べない日も割と多かった。

◉週末の過ごし方は?
土日はお休みだったから違う都市まで行ったりもした。タージマハル観に行ったりしたよ。

◉宿泊地は?
ホテルに泊まった。留学先の語学学校が提携してるホテルを用意してくれて、朝ごはん付きで、キッチンとかは付いてなかったから昼と夜は外で食べた。でも、昼は学食みたいなのが無料で食べられた。場所はいわゆる高級住宅街みたいな感じで道路はうるさいけど横道一本入ったら静かなところ。

◉便利だった持ち物はありますか?
日本でいつも使っている教科書とか辞書は持って行ってよかった。授業で分からなかったところを調べるのに使えた。英語の文法単語で説明されるからよくわかんなかったところとかを調べるのに英語の電子辞書も使った。

◉費用はどのくらいかかりましたか?
航空券代が9万円くらいで、授業料が20万くらいだった。

◉準備はいつくらいからしましたか?
飛行機は2ヶ月前くらいに、持ち物の準備は直前の一週間くらいでやりました。
一応、事前に病院行って予防接種はして行った。でもそれも行く一週間前に受けてギリギリって感じだった。

◉困ったことはありましたか?
料理が辛かった。辛くて油っぽいものが多くて、食べていればだんだん合うようになってくるけどでもちょっと日本食が恋しくなった。三週間行くなら緑茶とか日本のお菓子とか持って行ったらちょっと安心する。

 

萩田さんご協力ありがとうございました!素敵な写真も萩田さん提供です!

About Natsu Shirotori 6 Articles
密かに3代目編集長をやっております。音楽と雑誌と1人旅が好きです。旅も文章も思い付きで急発進…