どうなる?桜文化が根付いた日本の9月入学改革

 

ほとんどの日本の学校は四月から始まる。学校だけでなく、会社も四月に新入社員の歓迎会を行うだろう。

Almost all of the Japanese schools start from April. Not only schools but also companies carry out a welcoming ceremony for new employees.

 

私たちはいつも、美しい桜に囲まれながら新しい生活をスタートさせている。

We normally start off our new life surrounded by beautiful cherry blossoms.

しかし、この日本特有の風習は、将来変わるかもしれない。

However, this custom particular to Japan might change in the future.

 

新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの学生が学校の代わりに家での学習を強いられた。いくつかの学校はオンラインの学習プログラムを導入して生徒のサポートを図ったが、多くの学生の勉強に遅れが出た。この深刻な状況は、きっと学生たちの、高校や大学への入学に影響を及ぼしただろう。

Due to the COVID-19 pandemic, many students had to study at home instead of school. Some schools introduced online learning programme to support the students, but many students ended up falling behind schedule in studying. This serious situation should have influenced students’ possibility to enter a high school or university.

この問題を踏まえて、政府は入学年度を九月に変えるか否か議論を交わしている。

Therefore, Japanese government is discussing whether to change the academic year to September or not.

 

中学生以上の学生は、勉強の遅れを取り戻す余裕ができるだろう。また、海外の大学に合わせて九月入学に変えることで、日本に留学したい留学生や、海外留学を検討している日本の学生が留学に行きやすくなる。

Junior high school students and above could afford to catch up with their studying. Moreover, by shifting to September admission like other foreign schools, it would be convenient for international students want to study in Japan and Japanese students who are planning to study abroad.

もちろん、デメリットもある。当然ながら、学校のシステムや入試のスケジュールを大幅に改定する必要がある。同時に、待機児童の増加も懸念される。もし3月に子供が保育園や幼稚園から卒業したら、9月の入学までのブランク期間は何をするのだろうか。受け入れる新入生の数が増加したら、それに対応できる十分な人数の教師の確保はできているのだろうか。

Of course, there are disadvantages. It’s obvious that we have to rethink and reschedule the school system and entrance exams. Simultaneously, we have concerns about the increasing number of children on waiting lists. When the children graduated from nursery or kindergarten in March, what will they do until September? Are there enough teachers if we increased the number of new students entering a school?

 

 

最後に、日本には桜に関連した曲が非常に多い。新しい生活が始まる人たちを応援する曲も、過去に友達や家族と過ごした懐かしい記憶を思い出させる曲も存在する。

Finally, there are so many songs related to sakura (cherry blossom) in Japan. Some songs are made to cheer up people who are starting their new life and others let us remind of nostalgic memories we spent with our friends or family.

日本人は桜に、「思い出の場所にさよならを告げる」や「新しい日常の始まり」などといった特別な印象を持っている。

Japanese people have a special impression on sakura:  “sakura = time to say goodbye to our memorable place and start our new life”.

 

森山直太朗の「さくら」、いきものがかりの「SAKURA」、GReeeeNの「桜color」。

桜にまつわる名曲の歌詞には、出会いと別れに関するものが必ずと言っていいほど書かれている。

Naotaro Moriyama’s “Sakura“, Ikimonogakari’s “SAKURA“, GReeeeN’s “sakura color”.

Many masterpieces related to cherry blossom include something concerned with encounter and farewell almost invariably.

 

もし九月入学への移行が実現すれば、いつかこの日本独特の文化が変わる、もしくは消えてしまうかもしれない。

If the shifting of academic year will be realized, this culture peculiar to Japan might  also change or disappear someday.

 

 

Reference

Japan Times

 

(文・安藤 真季)

(Written by Maki Ando)

About Maki Ando 8 Articles
東南アジアとオセアニアを愛するヨーロッパ育ちの純ジャパです。基本的にぼーっとしている時は「今日何を食べるか」考えています。I want to make a long, stiff bridge between Japan and many other countries :)