世界のごはん in アメリカ🇺🇸(メキシコ🇲🇽)

 

ジョージア料理に続き、今回ご紹介するのはアメリカのごはん🇺🇸。と言いつつ、実はもろメキシカン🇲🇽。

最近日本でも人気が出てきたメキシコ料理。国境を接するアメリカでは、家庭でも作られるほどポピュラーだ。

そこで第2回目の今日は「Guacamole」(gwaa・kuh・mow・lee、ワカモレ)を食す。

 

レシピを紹介してくれるのはこの人。

留学以来いつもお世話になっている「お父さん」、ことT・ターミニさん。

アメリカといえばファスト・フード!と、思うかもしれないが、ターミニ家の人たちはみんな料理がとっても上手。サンクスギビングや誕生日会など、家族や友人たちが集う場では豪勢な手料理が振る舞われた。

友人も呼んでの賑やかな食事風景

 

そして箸休めとしてよく登場したのがこのGuacamole。ちょっと小腹が空いたときにもパパッと作れて、尚且つ「さっぱり」+「ヘルシー」+「美味しい」の三拍子揃った料理だ。

実際にguacamoleを食べている写真があった(写真中央)。ホスト・ブラザーの誕生日パーティーにて。

そんなターミニ家ご自慢のレシピがこちら↓

Guacamole, Termini-style

【材料】(3、4人前)

  • アボカド・・・3〜4コ
  • トマト・・・1〜2コ(熟したもの)
  • 玉ねぎ・・・1/2カップ(小1コ)
  • ライム果汁・・・1コ分
  • パクチー・・・ひとつかみ
  • トウガラシ粉・・・ひとつまみ(なければペーストでもOK)
  • ニンニク・・・小さじ1
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • 塩・・・大さじ1
  • トルティーヤ・チップス
  • *お好みでタバスコを大さじ1

【作り方】

  1. アボカドは種を除き、身の部分をボウルにあけてペースト状にする。
  2. トマトを1センチ角に切る。玉ねぎ、ニンニクはみじん切り。パクチーは葉の部分を飾り用に少し残し、残りの葉と茎を切り刻む。
  3. 2をボウルに入れる。
  4. トウガラシ、塩、マヨネーズを入れる。お好みでタバスコも。
  5. ライム果汁を加え、よく混ぜる。
  6. 器に盛り付け、残しておいたパクチーの葉をトッピングしたら完成!

基本は「細かく切って、混ぜる」だけ。火も使わずとっても簡単!

完成!

 

熟したアボカドの見分け方 

アボカドをやさしく押してみて、軽く凹んだら熟した証拠(食べ頃)。色で見分ける方法もあるが、種類によって色は様々で、まだ未熟でも黒い場合もある。だから見た目と同時に手で触ったときの感覚も大事。適度に熟したアボカドは柔らかすぎず硬すぎない。熟した実が食べ頃なのはその日か翌日まで。

How to tell if an avocado is ripe — If the avocado yields to firm, gentle pressure you know it’s ripe (ready-to-eat). They may have a darker color but color can vary depending on the variety, so it is best to go by feel as much as the look. A ripe  avocado will feel lightly soft — but not “mushy” to the touch. Ripe fruit is ready only for a day or so.

 

英語バージョン

Guacamole, Termini-style

  • Avocado, 3-4, depending on size/variety 
  • peeled, pitted, and mashed.
  • 1 lime, juiced.
  • 1 teaspoon salt.
  • ½ cup diced onion.
  • 1 tablespoon Mayonnaise
  • 3 tablespoons chopped fresh cilantro.
  • 2 plum (roma) tomatoes, diced.
  • 1 teaspoon minced garlic.
  • 1 pinch ground cayenne pepper.

 

(文・小林かすみ)

About Kobayashi Kasumi 15 Articles
長期休暇に入ると海外行きたい欲求が高まる日本語専攻3年。密かに2020年度のWonderful Wander編集長を務めています。愛読書は片桐はいり著『グアテマラの弟』。